不定期・・・屋久島 ぐうたら日記

HOME > 不定期・・・屋久島ぐうたら日記 > 2010年 9・10月


  2010 年

9月11日の分  みちびき打ち上げ・・・

9月11日 20:17分・・・日本のGPS衛生”みちびき”が打ち上げられました・・・
何故日付から入るか・・・それは・・・今日は14日・・・だから題は・・・〜の分でしょ

発射 種子島の空が明るくなると歓声が上がります・・・

この写真は、発射の瞬間から・・・4〜5秒後・・・中心の明るい所はロケットの炎です

しくじりました・・・カメラの向きを・・・

発射2 本当なら明るいうちに行って、カメラの向きを決めなければならないのですが・・・
翌日の縄文杉ガイドのお客さんとの連絡に手間取り・・・撮影ポイントに着いた時には真っ暗・・・

20:17分・・・種子島の空が明るくなった瞬間・・・ミスが発覚・・・慌てて三脚を移動・・・

雲の中 最初にシャッターを切ったのが1枚目の写真・・・

2枚目は雲に入る直前・・・

3枚目は雲の中・・・

4枚目は雲から出たところ・・・

雲から抜けて 空はロケットの炎でオレンジ色に・・・
夜の静寂の中・・・波の音だけが聞こえます・・・

雲から抜けて2 この後、ロケットの音が轟き・・・再び歓声が上がります・・・

いや〜・・・夜のロケット発射は奇麗です・・・

この後、ロケットは小さくなり・・・星の中に・・・上空に雲がなかったので、星になるまで見えました・・・

実は、夜の発射はこれで二度目・・・昨年、夜中の2時に打ち上げたことがあります・・・

そのときは・・・露出ミス・・・
露出不足で・・・あまりにも寂しい写真で・・・日記に出すのは見送り・・・
今度は方向セッティングミス・・・

次はちゃんと撮るぞ〜!・・・

次回予告・・・爺さんが倒れた・・・写真は撮ってあるので、できるだけ早く出したいと・・・

ページTopへ

9月27日  爺さんが倒れた!・・・

折れた根本 それは、10日の未明・・・多分・・・
森の中で大きな音を立て・・・想像・・・
爺さんが倒れたのでした・・・

9日には立っていたのに・・・10日に行った人が倒れた爺さんを発見したので・・・・・・そんな所でしょう・・・

爺さんが倒れるのに、大きな音がするかって?・・・爺さんは爺さんでも、屋久島の翁杉です・・・

この写真は、12日に縄文杉にガイドに行ったときに撮ったものですが・・・ 無惨にも根本から折れています・・・・・・

倒木右側 倒木上部 折れた木の右側・・・と、さらに右側・・・倒れた上部が見えます

この杉は樹齢2000年・・・翁岳から見えるので翁杉と命名されたと言われています
着生木が多く、その根が杉の幹を伝うようにして沢山降り・・・それがヒゲのようにも見えるので、本当に、ヒゲを生やした爺さんの様 な風貌の木でした
また、幹回り(正確には胸高周囲)は12.6mあり、太さに関しては立っている屋久杉の中でNo2だったのですが・・・

以前の姿 この写真は倒れる前の姿・・・2006年の秋に撮影したものです・・・

ちょっと気になりません?・・・木の上の方・・・

幹に穴があるんです・・・

分からない?・・・じゃあ、下にアップしたものを・・・

穴が空いていて向こう側が明るく見えるのが分かるでしょ?!

この穴・・・この4年間で、だんだん大きくなるんです・・・
最近は、かなり大きな穴になっていました

ガイドの時に・・・何で大きくなるんでしょうね〜・・・なんて、話していたのですが・・・

UP さらにUP こうやってアップすると、中が空洞で、反対側も皮が剥がれるように・・・なっている様に見えます・・・

表示 倒れた後の調査によると、幹の90%は朽ちて空洞になっていたそうです・・・
上から撮ればその様子がよく分かるはずなのですが・・・

入れないように・・・赤い紐が・・・さらに、表示が・・・

しかし、この表示・・・読みにくい・・・

両面から読めるように貼り合わせてあるのですが・・・透けるため・・・結局、どちらからも読みにくい・・・

ところで、何の為に内側からも読めるようになっているの?・・・とも思うのですが・・・

立ち入り禁止の内側に入っちゃった人からも読めるように・・・でしょうか?・・・

きっと、”親切”なんでしょうね〜・・・・・・

ページTopへ