不定期・・・屋久島 ぐうたら日記

HOME > 不定期・・・屋久島ぐうたら日記 > 2011年 1・2月


  2011 年

1月7日  鬼火焚き

安房 宮之浦

新年おめでとうございます

ここ屋久島では、毎年1月7日に鬼火焚きと言う行事が行われます
正月飾りを燃やすのですが・・・どんと焼きのようなもの・・・と言うと分かりやすいと思います

上の写真左は安房の・・・右は宮之浦のものです
集落によって、積み方も多少違うようです・・・今日は、ガイドの保険の名簿を提出に宮之浦まで行ったので・・・

安房は晴れていたのに、宮之浦は曇り・・・写真に写っている山の右の方が白いのですが・・・
雪です・・・山には、年末・年始で降った雪が沢山残っているのが分かります・・・

雪の白谷・・・奇麗だろうな〜・・・

エッ?・・・撮ってきて見せろって?・・・・・・寒いでしょ!・・・

点火 燃えてます

話は安房の鬼火焚きに戻ります・・・

夕方、5時半に火が入りました・・・ちょうど日没の時刻です

だんだん、炎が大きくなって・・・時折、パーンという大きな音が・・・

なにせ、火に掛けているものが正月飾り・・・竹が有りますよね・・・正月飾りには・・・
それが破裂するんです・・・結構大きな音で・・・

何か燃やして? 炎が小さくなってきたときに、沢山の人が近づいていきます・・・

何か持って・・・???・・・

何だろうと思いながらも・・・
まあいいや、来年までの宿題で・・・
どうせ、ぐうたら日記だし・・・
と、開き直りとも取れる態度で・・・というか、完全に開き直って、鬼火焚き後に・・・

そう言えば・・・今日は何も食べていないのを思い出し・・・お世話になっている食事所へ・・・

燃やしていたもの UP

店に入り、焼きそばの大盛りを食べていると・・・常連客とおぼしき人が、何か手に持って・・・

半分焼けている木です・・・・・・良いタイミングで、鬼火焚きの疑問の答えが・・・

鬼火焚きで焼いたこの木を飾ると、火の災難から守ってくれるそうで・・・

木の名前はバチバチノキ・・・と言うそうですが・・・正式な名称は、ハマヒサカキらしいです
葉の淵の切れ込みが無いので、確信は持てません・・・

それにしても、この木、少し葉が焼け残った状態で・・・

全部焼けない・・・・・・命だけは助かる?って事でしょうか?・・・

ページTopへ

2月26日  からし菜

からし菜 お久しぶりです・・・この言葉から入る日記が多すぎる・・・反省!?・・・

昨年の秋に植えたからし菜が育って来ました・・・

からし菜は大きくなったのですが・・・手前の芯しか残っていない小さいのはブロッコリー・・・
今年はブロッコリーが食べられそうだと楽しみにしていたら・・・ヒヨドリに、葉っぱを全部食われました・・・

葉っぱ からし菜って知らなかったのですが・・・
昨年の秋、種を知り合いに頂きまして・・・
試しに植えてみたものです

葉っぱはこんな感じです・・・

食べたことがない植物なので・・・まず、種を頂いた人にお分けしたのですが、味の感想はまだ聞いていません・・・

自分の畑で取れたものを人に分けておいて、自分が食べないわけにもいかないので・・・
試食をしてみました・・・・・・ちょっと勇気がいります・・・

ソティー おひたし 左のがバターソティー・・・最初、油で炒めてみたのですが・・・ちょっと?なので、バターを加えてみました
右が定番のおひたし・・・

おひたしが一番癖が無くて食べられそうです

庭に畑があるっていいでしょ!!

政府はTPP参加なんて騒いでいますが・・・
究極は、食い物を作っているところが一番強いんですよね・・・・・・アメリカは世界有数の農業国だし・・・

えっ!?・・・じゃあこの畑で食っていけって???・・・

う〜ん・・・・・・無理!・・・

でも、このからし菜・・・写真を撮って置いておいたら・・・チャーも食べてました・・・

ページTopへ