不定期・・・屋久島 ぐうたら日記

HOME > 不定期・・・屋久島ぐうたら日記 > 2015年 3・4月


  2015 年

3月8日  屋久島南部の民具・・・・・

案内板 入口

入口UP 屋久島南部の平内には、屋久島南部の民具を保管している倉庫があります
毎月一度くらい一般開放をしているので、どんな民具があるか?・・・と覘いてみました。 上の左が県道に在る案内看板・・・右が倉庫の入り口・・・・・・

入り口まで来て、私の足がぴたりと止まります・・・・

何故かって?!・・・開いた入り口の左側に見えるでしょ!!・・・・・何やら赤いものが・・・・・
え?!・・・あれも民具?!・・・それともジョーク?!

よく見えない?・・・じゃあUP・・・・・すぐに分かった貴方は間違いなく昭和の人です!!・・・

船 民具 入り口でのショックを乗り越え・・・中に・・・

まず目に飛び込んだのがこの船・・・・長さ4〜5mほどでしょうか?・・・立派です・・・・いつ頃のものでしょうか?
持主の名前はあるのですが、いつの物かの記載がありません・・・
いつの時代に使われたものなのか?が解るともっと良いのですが・・・

船の向こうには、のこぎり・背負子・壺・籠・・・・等々・・・壁いっぱいに展示されています

写真ではちょっと遠いのですが、のこぎりなんかは手打ちと思われます・・・
加治屋さんが、とってんかっちん・・・と赤くなった熱い鉄を打って作るやつ・・・かと・・・

ま、昔はみんな手作りだったわけですけど・・・・・のこぎりなんかは刃を一枚一枚・・・いや〜、考えただけでも手間のかかる・・・・・

織り機 歯車 これは、完全には組み立てられていませんが・・・織り機です

右のが、これに使われていた木で作られた歯車・・・・・
この歯車、歯の形が対称ではありません・・・この形は、ラチェット機構に使われるものですが・・・

まあ、木製の歯車やラチェットを使った道具は、江戸時代にからくり人形などでも使われていたので・・・・・
この織り機も結構古いものなんでしょう・・・・・

他にも、牛や馬に付ける木製の鞍や・・・なぎなた?と思うくらい大きな鎌など・・・・沢山・・・
田舎に来ると、こういう古いものが残っていたりします・・・・・屋久島は自然が、と言われますが、 こんな里めぐりも面白いかもしれません

ページTopへ


3月23日  オオゴカヨウオウレン・・・・・

オオゴカヨウオウレン オオゴカヨウオウレン・・・舌咬みそう・・・

ヤクスギランドでオオゴカヨウオウレンの写真を撮ってきました
実は花期は少し過ぎています・・・

花のサイズは1cmくらい・・・可憐な花です
小さな花にしては珍しく冬に咲きます・・・ヤクスギランドだと1月くらいからでしょうか・・・

この可憐な花の群落の写真を撮りたいと・・・・・
・・・毎年思うのですが・・・・・・毎年逃しています・・・

はい!・・・ここで質問です・・・・・
この花の花びらは何枚でしょうか?・・・

正解は・・・5枚です・・・・・
分かった人・・・・・・素晴らしい・・・さすがです!!・・・・・

見れば誰だって判るだろって???・・・

そんなことありません・・・これ結構難しいかもです・・・
5枚と答えた貴方・・・まさか白いのを数えていないですよね?!

わかりにくいのでUPします

UP 花弁は、UPしても見難いのですが・・・
小さい黄色い粒のようなものが見えるでしょ

この小さな黄色いのが花びら・・・・・
白いのはガクです・・・・・

この花の群落が・・・
雪の上に顔を出していたら・・・
素晴らしい絵がイメージできるのですが・・・

白い花が白い雪の中に・・・・・・・
白に白・・・・・・
絵にするのはかなり難しいかもしれません

ページTopへ


4月1日  西から回復・・・・・

いや〜・・・・・もう四月です・・・・・
なんか、今年は早いです・・・・・年かな〜?!・・・で納得したくなかったので、言い訳を考えてみたところ・・・・・ そうか!・・・あの所為だ・・・・・

2月に、日本山岳ガイド協会の資格を取るために座学・実技研修を受け・・・・・落ちたら困るので、事前にロープワークの練習をしたり・・・・・そんなことをしていたからだと思います・・・・・・

資格は取れたのかって?!・・・・・・・・・・・まあ、何とか・・・・・・

話を戻します・・・・・

春になると・・・少なくとも南部・東部は、冬に比べ雨も増えてきます・・・・・
雨になると当然の如く、湿度が上がり・・・・・里に近い山(前岳)も雲の中・・・・・
低気圧・前線が過ぎれば西から回復・・・・・

昨夜は結構強い雨が降りまして・・・・・
朝にはほとんどやんだのですが、湿度80%・・・・・里から見える山(前岳)は雲の中(写真左)
昼ごろ回復に向かいそうなので、前岳に掛る雲の変化を撮影してみました

雲1 雲2 左:前岳に掛る重そうな雲・・・・・この写真だけだったら訳わからない?!
右:雲に切れ目ができてきます・・・

雲3 雲4 島の南部から島の中心に向いているので、左が西になります

雲5 雲6 見事に、西から雲が切れてきました・・・・・

自分の立ち位置は標高50mほど・・・正面の山の標高は約1000m・・・・・・・名前は無い!
10〜15分ほどの出来事です

ページTopへ