屋久島の紹介・・・島の誕生から現在まで

HOME > 屋久島の紹介 > 島の誕生から現在まで


屋久島の位置

昔々その昔

今から1400〜1500万年前、ユーラシアプレートの下からマグマが貫入し、冷え、固まって できた花崗岩が海底堆積物もろとも上昇し、ついに高い山を持つ島になったのが屋久島であ る・・・と言われています。(誰も見た人はいません・・・!?)この隆起は現在も続いているそ うです。

上に乗っていたはずの海底堆積物は上昇時に突き破られたのか?海面よりも上昇した後 の浸食によるためか?島の山岳部は海底堆積物もしくはそれからできた岩石は無く、ほとん ど花崗岩からできています。

本来、海底堆積物は水平な層状に積み上がり固まるのですが、それが固まってできたはず の堆積岩はかなり急な角度に傾斜し、沿岸部を取り巻くように残っています。また、この堆積 岩の一部には熱による変性のあとが見られるところもあるそうです。

このようにしてできた屋久島は、上昇し、島が高くなるにつれ雨量も増えて、山は浸食さ れ・・・水の力ってすごい!・・・現在の地形のように切り立った山と深い谷が形作られたと考え られます。

氷河期の影響

地球の誕生から現在までの間には氷河期という“寒い”期間があったと言われています。 一般的にヨーロッパ大陸と北アメリカに氷床が拡大した時期を氷河期と呼ぶそうですが、アジア は氷床が発達せず、寒冷な地域であったらしい・・・と言われています。

屋久島と関係があるのは最後の氷河期で、約1万年前に終わったとされています。この期間、 海水面が現在よりも120m以上低かったと言われ、西日本は亜寒帯の気候であったとされて います。

120m海水面がさがるとどうなるでしょう?・・・九州と種子島、そして屋久島は陸続き・・・ 寒い気候に適応する生物が南下し・・・人も?(寒いのやだもんね!) ・・・

そのようにして本土から来た生物が氷河期の終わりと共に屋久島の標高の高いところに取り残された・・・ というように”島”とはいえ本土の影響も受けています。

ページTopへ

喜界カルデラの大爆発

これも昔の話なのですが・・・屋久島が現在のようすになるのにもう一つ重大な出来事があります。 それは、約6300年前に屋久島の北西部にある喜界カルデラと呼ばれる火山の大爆発です。

そのときの火砕流が海を渡り屋久島を焼き尽くしたのではないかと考えられてることです。 この火砕流を幸屋火砕流と呼び、このときの火山噴出物は鹿児島県南部の縄文文化を全滅 させたと言われています。屋久島では湾岸部に場所によっては1mを超える赤っぽい色をした 土のような層になって残っており、アカホヤと呼ばれています。 このことは縄文杉の樹齢などににも関わってきます。

九州と陸続きだった氷河期が終わり、熱い火砕流が島をおそったとき、動物たちはどのように逃げ のびたのでしょうか?氷河期に陸続きだったと考えられているのにもかかわらず、 島にいる野生のホ乳類は6種類しかいません。島の深い山と複雑な地形をもってしても、 生き延びるのは難しかったのでしょうか?

本来、花崗岩はあまり養分を含まず、植物にとっては辛いところなのですが、この火砕流が 植物に必要な養分を運んだために、今日の屋久島の自然があるとも言われています。 しかし、斜面の急な屋久島は、雨によって土が流され、山間部の表土は薄く、植物にとって かなり過酷な環境であることに変わりはありません。

ページTopへ

人はいつから?

この島にはいつから人が住んでいたのでしょうか? 旧石器時代の遺跡は確認されていないそうですが、縄文時代前期・後期・晩期、 弥生時代後期等の遺跡が発見されています。

石器時代が無くて縄文時代からということは氷河期の最後のころに九州から 渡ってきたのでしょうか?

もっとも、海上交通の手段である”船”については 縄文時代の草創期にはあったようですが・・・。

いずれにしても、実際に出土した土器の中には九州の土器と同じ特徴を持った ものがあり、九州との交流がこのころからあったことを物語っています。

ページTopへ