見所・遊び・・・シュノーケル

HOME > 見所・遊び > シュノーケル

** MENU ** |大川浜湯泊


概略

磯遊びの次はシュノーケル・・・だんだん深みにはまっていくような流れですが・・・水辺で生物を見ると 海に潜って、もっと見てみたくなるのが人情というもので・・・腕に覚えがあれば屋久島の海は何処でもと いいたいのですが・・・ここでは車で近くまで行け、海岸まで安全に降りられる所をご紹介します。
浪が荒い日はもちろんですが、潮の流れには充分気を付ける必要があります。 島の紹介でもふれているように、屋久島の周囲には黒潮が流れています・・・湾のような形状の外にうかつに 出ると流されます・・・経験の少ない人は地元の人の案内かガイドを頼むのが良いでしょう
時期については、ウェットスーツが無い場合、梅雨明け〜9月くらいまで、ウェットスーツが有るのであれば 10月いっぱいくらい?・・・人によっても違うので・・・お肉スーツを着ている方は11月でも???・・・(^^;


大川浜

大川浜 地図 大川浜 クリックすると拡大します

大川の滝のすぐ近くの浜です。この浜は流れ込む川の影響で、屋久島の海としては冷たい・・・表層が・・・ はじめに紹介しておいて何ですが・・・
では、なぜはじめに紹介するのか?・・・川の水が反時計回りに回って(地図上で)海水と交わっていくので、 表層がまだ交わらない真水=冷たい、少し潜る=交わっているところ、潜る=海水(暖かい)となっています。
この“交わっているところ”がいわゆる“ゆらゆら帯”になっており、水がゆらゆら揺れて まるでピンボケゾーン・・・私はお魚よりも面白い・・・と思うのですが・・・。
表層と下の海水の温度差が大きいので・・・ウェットスーツの着用をお勧めします。

携帯

  • 圏外です

トイレ

  • 駐車場の下あります

交通機関

  • タクシー:安房から50分

ページTopへ


湯泊

湯泊 地図 湯泊 クリックすると拡大します

ここは湯泊港の外の岩場です。岩場の形状が複雑で、潮の加減で岩場に魚が入ってきます
潮が引けば子供でも安全に遊べるプールのような潮だまりもできます。
港の中にも魚はいます。外海が怖い初心者は、港の中を潜ってみても良いでしょう。何よりここは、近くに温泉が あります。潜った後に温泉で体を温める・・・
バッチグー・・・チョット古いか?

携帯

  • OKです

トイレ

  • 湯泊温泉まで行けば・・・約500m

交通機関

  • タクシー:安房から40分

ページTopへ