屋久島里程標・・・何を用意したらいいの?

装備・服装等topイメージ

装備・服装等

屋久島ならではの雨対策は必須です・・・防寒着?、屋久島って南の島じゃないの!? という方もいるかと思いますが、標高が100m上がると気温は約0.6度下がります
ヤクスギランド・白谷雲水峡でも東京・大阪よりも気温が低いんですよ!!

ツアーでご用意いただきたいものをご紹介します

必要な装備

装備・持ち物備 考
軽登山靴・トレッキングシューズ
登山靴としては比較的やわらかいものがお勧め
ザック日帰り用(15~20L程度の大きさ)
ザックカバー無いと雨の日にザックの中身が濡れます
レインウェアー上下別のウェアー(透湿性があるとよい)
ヘッドランプ朝が早いコースは季節によって暗いうちに歩き始めます
他のコースでは非常用(山は何があるかわからない)
タオル汗ふき等・・・
帽子枝に頭をぶつけることもあります・・・痛いです!
手袋転んだときに、有ると無いとで怪我が全然違います
寒い時期は必ず防水仕様で・・・
山水が飲める人はペットボトル(500mL)1本
昼食登山弁当がお勧め・・・忘れると悲しい
日焼け止め山頂を目指すコースは必要です
常用している薬が有れば必ず用意してくいださい

※季節によって変わるものは、お申し込み後にお送りする確認メールに記載します

有ると便利な物

装備・持ち物備 考
スポーツタイツ筋肉のサポートをしてくれます
スパッツ(ゲーター)小石や雨が靴の中に入るのを防ぎます
トレッキングポール使い慣れれているのであれば・・・
折り畳み傘縄文杉コースは必須
携帯
行動食・おやつ暑い時期は塩飴なども良い
カメラ
虫よけ夏場はアブが出ます
ディートが合わない方はご自身で・・・

服装

服装備 考
ズボン生地のしっかりとした化繊のもの(ジーンズ不可)
シャツ綿製品でないものを・・・
防風着ウィンドブレーカーなど・・・
防寒着保温のための一枚(ダウンのベストなど)
アンダーウェアー速乾性のものが良い
靴下厚めの物、ウールがお勧め(替えがあると良い)
替えのTシャツ汗を掻いた時のために

※歩き始めると体温が上昇するので、出来るだけ汗を掻かないように衣類の調節をします
調節ができるような重ね着でお願いします・・・

気を付けていただきたいこと!

  • ザックの中身は用品ごとに分けてそれぞれのビニール袋に入れてパッキングしてください
  • 女性のお化粧は可能な限り無香料(無香料に近い)の物でお願いします
    *ハチなどの虫を引きつける可能性もあります
  • 屋久島に熊はいません・・・クマよけの鈴は不要です・・・

こちらで準備・提供できるもの

装備・持ち物備 考
軍手手袋を忘れた人のために・・・
スポーツドリンクの粉一人1L分ご用意します(ご利用ください)
味噌汁(昼)暖かいものは気持ちがホッとします
紅茶時間に問題がなければ、午後にティータイム
虫除けディートの入ったもの
携帯トイレ忘れた人のために(実費)
First Aid 用品ケガ等の応急処置のためです