屋久島里程標・・・心も体もホッカホカ・・・

温泉の場所

温泉

温泉とは、日本の温泉法により定義される所によれば、温度が25度以上で硫黄や炭酸ガスなど 指定された成分が1つ以上含まれる湧水のことです・・・25度では寒くて入れない・・・・・けど、温泉

島に温泉?と思うかもしれませんが・・・あるんですよ!!・・・ 温泉が出ると言うことは、地下に熱が・・・
屋久島の温泉は基本的に硫黄臭のある単純硫黄泉です

クアハウスのようにはいきませんが・・・旅に出たのですから・・・ここでは自然に湧き出している源泉掛け流しの温泉を紹介したいと思います・・・

平内海中温泉

平内海中温泉

この温泉は、波打ち際近くにあり、満潮の時は海の中に沈みます・・・入れるのは干潮の前後、各2時間くらい・・・当然、露天風呂です

海岸近くまで降りていくと、硫黄臭が・・・うーん温泉の臭い・・・!

自然に湧き出している岩場を利用したものなので更衣室は有りません・・・湯船の周囲の岩場で着替えます
混浴ですが女性はバスタオルか浴衣をつけて入浴するルールになっています(水着は禁止)

入れる時間に制約は有りますが、野趣溢れる海岸の露天風呂・・・屋久島に来たら是非入ってみたいものです

ただし、この温泉は地元の生活の湯です。観光で訪れる人はマナーに気をつけたいものです
(湯船に入る時はその前にかけ湯をして、奇麗にしてから入りましょう!)

  • 泉質:ミョウバン温泉(単純硫黄泉)
  • 効能:リュウマチ・神経痛・皮膚病等
  • 時間:干潮前後 各2時間
  • 休み:なし
  • 入浴協力金:200円

携帯

  • OKです

トイレ

  • 少しわかりにくいのですが、温泉荘入口から入ったところにある駐車場にあります

交通機関

  • バス:平内海中温泉入口下車(徒歩約8分)
  • レンタカー:安房から県道を約23Km・・・駐車場あり
  • タクシー:安房から約30分

尾之間温泉

尾之間温泉

尾之間温泉の歴史は古く、350年前に狩猟者によって発見され、効能は鹿児島県の泉質調査によって証明されているそうです

銭湯を小さくしたような、でも風情ある建物の中・・・屋内の温泉です・・・男女別の湯になっています

屋内なので、天候に影響されず・・・当たり前!・・・わき出してくる湯は熱めで、お肌がすべすべになります

尾之間歩道(登山道)の入り口にあるので、山から降りてから・・・なんて最高! 足湯もあります・・・登山で疲れた足は温泉で温めるのが一番!!

  • 泉質:単純硫黄泉
  • 効能:リュウマチ・神経痛・神経炎・糖尿病・婦人科疾患等
  • 時間:7~21時
  • 休み:月曜午前中
  • 入浴料:大人(中学生以上)200円、子供 100円
  • 足湯協力金:100円

携帯

  • OKです

トイレ

  • 中にあります

交通機関

  • バス:尾之間温泉入口下車(徒歩約7分)
  • レンタカー:安房から県道を約15Km・・・駐車場あり
  • タクシー:安房から約25分

湯泊温泉

栗生海水浴場

防波堤の外側・・・岩場に湯船があります。湯船には竹で作った仕切りがあり、男女を分けています・・・駐車場横のトイレと並んで更衣室もあります

少し硫黄臭がする透明な湯で、海を見ながらのんびり長湯に適した湯加減です・・・

入口に、入浴マナーの他に、効能や温泉療養の方法などが詳しく表示されています・・・この湯も平内と同様に地元の生活の湯になっています。マナーに気をつけましょう

  • 泉質:単純温泉(弱アルカリ性)
  • 効能:神経痛・関節痛・運動麻痺・慢性消化器病・冷え性等
  • 時間:24時間
  • 休み:火曜日午前
  • 入浴協力金:100円

携帯

  • OKです

トイレ

  • 駐車場横にあります

交通機関

  • バス:湯泊下車(徒歩5分)
  • レンタカー:安房から県道を約23.5Km・・・駐車場あり
  • タクシー:安房から約35分