屋久島里程標・・・貴重な自然と生態系・・・

世界自然遺産とは?topイメージ

世界自然遺産とは?

1960年代、エジプトでナイル川流域にダムの建設計画が持ち上がり、このダムが完成すると歴史的に貴重なヌビア遺跡が水没する・・・という危機を受けて ユネスコが国際的な救済活動を開始し、その結果貴重な遺跡は移築されました

これを契機に歴史的な価値のある文化的な建造物、自然等を国際的な視野にたって守ろうとする機運が高まり・・・「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条例」として、1972年にユネスコ総会で採択され、1975年に20カ国の批准で発効されました

日本が世界遺産条約を批准したのはかなり遅れ、1992年でした・・・もっと早く批准していれば富士山も当初の計画通り”自然遺産”で登録できたのかもしれません・・・

世界で初めて世界遺産に登録されたのは、1978年にガラパゴス諸島(エクアドル)、イエローストーン(アメリカ)等の12ヶ所です
日本では批准が遅れたこともあり、1993年に屋久島、白神山地、法隆寺、姫路城が最初の登録になりました・・・そして現在(2018年)、世界では1000ヶ所近い世界遺産があり、そのうち日本には22ヶ所ということになります

登録基準

世界遺産に登録されるには「顕著な普遍的価値」を持つことが前提になります
ユネスコが示す世界遺産登録基準が10項目あり、そのうち最低1つを満たすことが条件となります

各国がユネスコに登録申請をするとユネスコによって審査され、認められると登録されることになります

また、世界遺産に登録されると、その遺産を将来にわたって継承していくために保護・管理し、6年ごとに保全状況を報告し、再審査を受ける必要があります

世界遺産は以下のように分類されています

文化遺産

  • 顕著な普遍的価値を有する記念物、建造物群、遺跡、文化的景観など

自然遺産

  • 顕著な普遍的価値を有する地形や地質、生態系、景観、絶滅のおそれのある動植物の生息・ 生息地などを含む地域

複合遺産

  • 文化遺産と自然遺産の両方の価値を備えている遺産

屋久島の登録

屋久島は自然遺産として1993年に姫路城(文化遺産)・法隆寺(文化遺産)・白神山地(自然遺産)と共に日本初の世界遺産として登録されたました

屋久島が満たした登録基準(屋久島登録時点の基準)

  • ひときわ優れた自然美と美的な重要性を持ち、最高の自然現象または地域を含む
  • 陸上、淡水、沿岸および、海洋生態系と動植物群の進化と発達に於いて、進行しつつある 重要な生態学的、生物学的プロセスを含む顕著な見本である

日本の世界遺産

日本には屋久島の他に以下のような世界遺産があります()内は登録年

文化遺産

  • 法隆寺地域の仏教建造物(1993)
  • 姫路城(1993)
  • 古都京都の文化財(1994)
  • 白川郷・五箇山の合掌造り集落(1995)
  • 厳島神社(1996)
  • 原爆ドーム(1996)
  • 古都奈良の文化財(1998)
  • 日光の社寺(1999)
  • 琉球王国のグスクおよび関連遺産(2000)
  • 紀伊山地の霊場と参詣道(2004)
  • 岩見銀山(2007)
  • 平泉(2011)
  • 富士山(2013)
  • 富岡製糸場と絹産業遺産群(2014)
  • 明治日本の産業革命遺産(2015)
  • 国立西洋美術館本館(2016)
  • 宗像・沖ノ島と関連遺産群(2017)
  • 長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産(2018)

自然遺産

  • 屋久島(1993)
  • 白神山地(1993)
  • 知床(2005)
  • 小笠原諸島(2011)