屋久島里程標・・・圧倒されるような・・・

古木・大木・不思議な木topイメージ

古木・大木・不思議な木

屋久島の森の大きな特徴は、本土の森にはほとんど無い大木が存在することです

直径が1mを超えるあたりから”太いな~”という感覚を持つと思いますが、これが2mになると”威圧”されるように感じると思います・・・実際には木の太さは、木の幹が真円ではないことから、直径ではなく周囲の長さで表わされますが・・・

直径が2mを超えるような木が存在する森・・・それが屋久島の森です

ここでは、名前の付いた大木をコースに分けて写真でご紹介します(不思議な木はこれから追加していきます)


*白谷雲水峡*

白谷雲水峡は標高約600~約1000mに広がっています

この標高は屋久杉の生育温度としては”これから”という所で、屋久杉林への移行帯と位置づけられています

弥生杉

弥生杉
  • 場所:弥生杉コース
  • 標高:710m
  • 推定樹齢:3000年
  • 樹高:26.1m
  • 胸高周囲:8.1m

白谷雲水峡にある最古木・・・残念ながら幹の一部が剥ぎ取られ、腐敗菌により樹皮の内側から腐敗が進行してしまいました
現在はほとんどの葉は落ちてしまい白骨化が進んでいます

環境省が2000年に策定した”森の巨人たち100選”にも選ばれた、千年を越えて生きてきた命が悪戯により消えようとしています  

くぐり杉

くぐり杉
  • 場所:楠川歩道
  • 標高:830m
  • 樹高:32m
  • 胸高周囲:4.4m

杉の木の根元がぽっかりと開け、人がくぐれるようになっています

倒木更新の杉です・・・

倒木の上に種子が落ち発芽・・・根が倒木に沿って地面に降りて太くなっていく・・・倒木は時間と共に朽ち、空洞となって残る・・・このようにして出来てきます

七本杉

七本杉
  • 場所:楠川歩道
  • 標高:850m
  • 樹高:18m
  • 胸高周囲:8.3m

名前のいわれは、太い枝が七本有ったからとか、七本の杉の木が束になったものだとか・・・と言われています

着生植物も多く、木の上部を賑わしています

三本槍杉

三本槍杉
  • 場所:奉行杉コース
  • 標高:820m
  • 推定樹齢:年
  • 樹高:m
  • 胸高周囲:m

並んで立ちあがる三本の杉をやりにたとえて、三本槍杉・・・という名前が付いています

標識に表示されている太さは細いですが、そもそもその杉は倒れかかっているもっと太い杉から立ち上がっており・・・ 全体として見ると、迫力もあり、形も面白い・・・

ちなみに、一番右の杉は、倒れかかった杉の枝が生長したもので、他の二本は種子が付いて生長した木だと言われています

奉行杉

奉行杉
  • 場所:奉行杉コース
  • 標高:820m
  • 推定樹齢:年
  • 樹高:24m
  • 胸高周囲:8.5m

昔、奉行がこの杉を見て、“良か杉じゃのう”と言ったとか?・・・ でこぼことした樹皮の表面には苔が覆い・・・いかにも古木といった風情です

白谷雲水峡で最も太い杉です

*縄文杉ルート*

縄文杉ルートは、たくさんの杉の大木を見られるコースです

中でも大王杉、縄文杉は別格です・・・他のコースの太い杉を”お腹一杯”というぐらい見た後でも・・・思わず仰け反る!!・・・といった感じでしょうか

仁王杉

仁王杉
  • 場所:トロッコ道沿い
  • 標高:***m
  • 推定樹齢:年
  • 樹高:**m
  • 胸高周囲:**m

仁王とは金剛力士のことで、仏教の護法善神といい、寺院内に仏敵が入り込むことを防ぐ守護神のことです 阿形はトロッコ道右側に、吽形は左側崖下に倒木となっています

阿形は、生きている杉の木に杉の種子が付いて発芽して成長し、2本の杉の木がくっ付いた合体木になっています・・・屋久島ならでは景色です

ウィルソン株(倒木)

ウィルソン株 ウィルソン株のハート
  • 場所:大株歩道
  • 標高:1000m
  • 推定樹齢:年
  • 樹高:m
  • 切り口の周囲:13.4m

豊臣秀吉の命により伐採され、京都の方広寺建立(大阪城築城とも)のために 切られたとも言われていましたが・・・

300年前に切られたとの説が有力なようです

内部には広さ8畳ほどの空間があり、清水が流れています・・・中から見上げると穴が空いており、左の写真のように見えます

このハート型は2006年5月21日に見つけて撮影しました・・・里に帰り、移住歴25年のガイドに聞いても知らなくて・・・そう言えば、この写真を撮るときに、切株の中で三脚をセットして機材の調節をしましたが、誰の邪魔にもなりませんでした・・・撮影しながら、一人で”ハートだー”と喜んでいました(今、こんなことしたら顰蹙を買います)

大王杉

大王杉
  • 場所:大株歩道
  • 標高:1200m
  • 樹齢:3000年
  • 樹高:11.1m

縄文杉が再発見されるまでは屋久島最大の杉・・・上の両側の枝が腕に見え・・・ 大王が力強く立っているような・・・

この木と縄文杉は樹齢が科学鑑定されています・・・鑑定結果は3000年・・・屋久島の生き証人と言える木です

この木に出会うと・・・ただ唖然とする・・・そんな太さです
今まで太いと感動してきた木がまるで子供のような・・・そんな気分にさせてくれます

2018年現在・・・
正面の樹皮に穴が目立ち始め・・・倒折れる危険性が指摘されています

夫婦杉

夫婦杉
  • 場所:大株歩道
  • 標高:1200m
  • 推定樹齢
    夫:2000年、妻:1500年
  • 樹高
    夫:22.9m、妻:25.5m
  • 胸高周囲
    夫:10.9m、妻:5.8m

右が夫、左が妻・・・枝が合体しています

夫婦という名の付いた木は本土にもありますが・・・他の木は、近くに生えて太くなってきたときに幹がくっ付き合体したものです・・・屋久島ではこのパターンはいくらでもあります

この夫婦は枝が合体している珍しいパターン・・・普通、隣り合った木が生長していくと、まるで相手の空間を尊重しあうように、枝はそれ以上相手に近づく方には成長しないんです・・・合体した枝にも着生植物があり、秋には紅葉します

縄文杉

縄文杉
  • 場所:大株歩道
  • 標高:1300m
  • 樹齢:2170年
  • 樹高:30m
  • 胸高周囲:16.4m

1967年に再発見・・・
当時、役場に勤めていた岩川さんが、近所のじちゃんの”山の中にすごい木が在る”・・・という言葉を信じて7年半捜索の末に見つけました・・・命名は”大岩杉”

発見当初は推定樹齢7200年と言われていましたが、科学鑑定の結果2170年と出ています
より正確なサンプリングができれば、もう少し古い数値が出るような気がしますが・・・

ゴツゴツとした幹が表情を作り、いかにも長い歳月を生き抜いてきた風格・貫禄を感じさせます

*ヤクスギランド*

ヤクスギランドは標高約1000mに広がっています

屋久杉にとって1000m~が生育適温になるため、名の付いた太い杉も多くあります

仏蛇杉

仏蛇杉
  • 場所:50分コース
  • 標高:1000m
  • 推定樹齢:1800年
  • 樹高:21.5m
  • 胸高周囲:8.0m

ゴツゴツとした幹の表面が・・・仏陀が頭を垂れている・・・ようにも見える・・・ 樹齢以上に貫禄を感じさせる屋久杉です

50分コースまでは木道(石道)で整備されているので、手軽にみられる屋久杉の一本です

蛇紋杉(倒木)

蛇紋杉 蛇紋杉の根
  • 場所:150分コース
  • 標高:1100m
  • 推定樹齢:年
  • 樹高:m
  • 胸高周囲:m

**年の台風で倒れました・・・これだけ大きな木が倒れる時の迫力って!・・・ちょっと想像がつかない・・・

下の写真が倒れて根がむき出しになった所です

天柱杉

天柱杉
  • 場所:150分コース
  • 標高:1050m
  • 推定樹齢:1500年
  • 樹高:33.8m
  • 胸高周囲:8.2m

屋久杉の中では樹高の高い木です

足元から木の天辺を見ようと見上げたとき・・・濃い照葉樹のわずかな隙間から・・・森から突き抜けるように立つ姿を見ることができます

母子杉

母子杉
  • 場所:150分コース
  • 標高:1050m
  • 推定樹齢
    母:2600年、子:2600m
  • 樹高
    母:31.1m、子:29.5m
  • 胸高周囲
    母:9m、子:6.3m

表示板を見ると”母”と”子”の樹齢が同じ2600年になっています

”母”と”子”が同じ年???・・・何か難しい関係?なんて馬鹿な事を考えたり・・・しかし、明らかに”母”の方が太さがあります

足元で見上げるのも良いのですが、少し引いて見ると森の中での存在感には格別のものがあります

大和杉

大和杉
  • 場所:花之江歩道
  • 標高:1300m
  • 推定樹齢:
  • 樹高:
  • 胸高周囲:

ヤクスギランドの外になってしまうのですが、花之江歩道を3Kmほど進んだ所にあります

ほとんど人が来ないので、お弁当を食べながらゆっくりと屋久杉を独り占めできます

*町道安房線沿い*

ヤクスギランドから淀川登山口に向かう道沿いにも太い屋久杉があります

紀元杉

紀元杉
  • 場所:安房から22Km、ヤクスギランドから5.5Km
  • 標高:1???m
  • 推定樹齢:3000年
  • 樹高:19.5m
  • 胸高周囲:8.1m

上部は枯れていますが・・・一部が平成19年頃に落下・・・ ナナカマドやヤマグルマなど20種以上の植物が着生しており、それらの根が紀元杉を一回り太く見せています

車で行ける最も古い屋久杉で、環境省が2000年に策定した”森の巨人たち100選”にも選ばれています

川上杉

川上杉
  • 場所:安房から23Km、ヤクスギランドから6.5Km
  • 標高:1???m
  • 推定樹齢:2000年
  • 樹高:27m
  • 胸高周囲:8.9m

紀元杉に勝るとも劣らない太さ・・・紀元杉と淀川登山口の中間点くらいにある杉です

道沿いにあるのですが、表示も見落としやすく、以外と気付かない木です

*モッチョム岳ルート*

ヤクスギランドから淀川登山口に向かう道沿いにも太い屋久杉があります

万代杉

万代杉
  • 場所:モッチョム岳登山道
  • 標高:1???m
  • 推定樹齢:2000~3000年
  • 樹高:13m
  • 胸高周囲:8.6m

千尋の滝からモッチョム岳に向かい、約1時間半・・・登山ルートの尾根沿いに立っています

強い風に曝されるためか樹高は低いですが、その分大地に根張る感のあるがっしりとした杉です

モッチョム太郎

モッチョム太郎
  • 場所:モッチョム岳登山道
  • 標高:1???m
  • 推定樹齢:2000??年
  • 樹高:24m
  • 胸高周囲:9.4m

万代杉からさらに20分~30分、登山ルートの谷側にあります・・・別名子宝の杉と呼ばれます

登山道から少し離れているので、下を向いて歩いていると見逃してしまうかも・・・ 太さもあり、見事な屋久杉です

*龍神杉ルート*

宮之浦からヤクスギランドから淀川登山口に向かう道沿いにも太い屋久杉があります

龍神杉

龍神杉
  • 場所:宮之浦歩道
  • 標高:1???m
  • 推定樹齢:???年
  • 樹高:??m
  • 胸高周囲:?.?m

宮之浦歩道を4~5時間登った所にある堂々とした屋久杉・・・登山口からの標高差も1000mを超えるので、気軽にという訳にはいきません

龍神杉の周囲5分くらいには他に風神杉・雷神杉と名前の付いた杉があります・・・それ以外にも大きな切り株、根の下を人が立って通れる屋久杉・・・昔の森を彷彿させる場所です

ぜひ見に来て、木からパワーを貰ってください!!・・・